ひまわりクラブの料金システム変更案について説明がありました②

12月16日に、前日に引続き、「ひまわりクラブの料金システム変更案」について説明がありました。

前日は、まだ料金変更案については、議論しているとの回答でしたが、検討部会で議論され、料金変更案の軸となる案の提示がありました。それによると、1,000円~2300円の幅で料金アップの可能性があるとのことでした。

また、検討部会で議論されていた多子世帯の減免について質問したところ、「時期尚早と考えている」との回答がありました。他の市町村の状況をみると、6,900円という価格設定は高い部類に入ります。そのこにきて、値上げというのは、保護者の方に納得してもらうのは難しいのは明らかです。

協議会の中で、料金の値上げについてかなり懐疑的な意見が相次ぎました。その一方、支援員の方の待遇改善が早期になされなければならないという点は一致しています。両社をセットで考える必要はありません。

子育て支援として、①ひまわりクラブを利用しやすい料金設定②ひまわりクラブで働く支援員の方の待遇改善 この2点が平成28年度の予算に反映されることを強く望みます。次回、検討結果について報告があるとのことですので、その結果に期待したいと思います。

 

「28の挑戦 小柳聡」

share on ...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+