主権者教育推進プロジェクト第一弾開催!in新潟市立高志中等教育学校

一年前から新人議員を中心に取り組んできた取り組みが形になりました。新潟市議会では、新潟市議会主権者教育推進プロジェクトとして議長が呼びかけ全議員、主権者教育に取り組んでいます。

ポイントは議会全体で動き、教育委員会や選挙管理委員会等、議会が行政と一緒に取り組んでいる点です。

今回の授業の目的は(1)議員身近に感じてもらうことと(2)議会の仕組み、合意形成について理解してもらうことの2つです。議員がロールプレイングで模擬市議会を行い、合意形成の難しさについて実感してもらいました。

テーマを交通事故対策です。交通事故多発交差点でどういった対策をうつべきか、議長、市長、議員A、議員B、議員Cの5つの役割に分かれて実演しました。大事なことは、正解はなく、納得性をもたせるのが民主主義だということです。

今後も新潟市内の小中学校で出前授業等実施予定です。初めての試みということもあり、改善点も多く見つかりましたので、今後も会派、党派を超え、今後も取り組んで参ります。

share on ...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+