昨年に続き、今年も「2018年新潟地区労福協新春の集い」に参加させていただきました。

新潟地区の労働団体、労働福祉団体との合同の新春の集いに多くの方が参加されていました。

また、NPO法人自立支援ネットにいがたさんも参加されており、福祉手帳を取得できず民間企業への就労が難しい人たちの就労支援についてご説明もいただきました。

全ての人に居場所と出番がある社会こそが、真に豊かな社会、強い社会だと私は思います。そんな社会のため活動して頂いているNPOさんに感謝するとともに、様々な立場の方の居場所作りのため、新潟市としてもできることをしなければいけません。

来年度予算編成が厳しいとの話がありますが、そういった部分については削るべきではありません。そういった点からも新年度予算の議会はしっかりと臨みたいと思います。